2017年12月4日月曜日

維持費に1日5000万円かかるもんじゅ、設計で廃炉想定せず。ナトリウム搬出困難

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
もんじゅ
設計で廃炉想定せず。ナトリウム搬出困難

 廃炉が決まっている高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、原子炉容器内を満たしている液体ナトリウムの抜き取りを想定していない設計になっていると、日本原子力研究開発機構が明らかにした。放射能を帯びたナトリウムの抜き取りは廃炉初期段階の重要課題だが、同機構が近く原子力規制委員会に申請する廃炉計画には具体的な抜き取り方法を記載できない見通しだ。
     通常の原発は核燃料の冷却に水を使うが、もんじゅは核燃料中のプルトニウムを増殖させるため液体ナトリウムで冷やす。ナトリウムは空気に触れれば発火し、水に触れると爆発的に化学反応を起こす。もんじゅでは1995年にナトリウムが漏れる事故が起き、長期停止の一因になった。
     原子力機構によると、直接核燃料に触れる1次冷却系の設備は合金製の隔壁に覆われ、原子炉容器に近づけない。また、原子炉容器内は燃料の露出を防ぐため、ナトリウムが一定量以下にならないような構造になっている。このため1次冷却系のナトリウム約760トンのうち、原子炉容器内にある数百トンは抜き取れない構造だという。
     運転を開始した94年以来、原子炉容器内のナトリウムを抜き取ったことは一度もない。
     原子力機構幹部は取材に対し「設計当時は完成を急ぐのが最優先で、廃炉のことは念頭になかった」と、原子炉容器内の液体ナトリウム抜き取りを想定していないことを認めた。炉内のナトリウムは放射能を帯びているため、人が近づいて作業をすることは難しい。
     原子力機構は来年度にも設置する廃炉専門の部署で抜き取り方法を検討するとしているが、規制委側は「原子炉からナトリウムを抜き取る穴がなく、安全に抜き取る技術も確立していない」と懸念する。
     もんじゅに詳しい小林圭二・元京都大原子炉実験所講師は「設計レベルで欠陥があると言わざるを得ない。炉の構造を理解している職員も少なくなっていると思われ、取り扱いの難しいナトリウムの抜き取りでミスがあれば大事故に直結しかねない」と指摘する。【鈴木理之】

    2017年5月10日水曜日

    地方紙「放射能拡散するかも」→謝罪→セシウム3〜9倍に

    このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

    福島・浪江の火事「放射性物質拡散」コラム掲載の和歌山地方紙「紀伊民報」が“謝罪”
    http://www.sankei.com/affairs/news/170508/afr1705080012-n1.html


    浪江・十万山の山林火災 放射性セシウム、3~9倍に上昇 /福島

    *  *  *

    紀伊民報のコラムでは放射性物質拡散の「可能性」を言っただけで、謝罪するはめに。もう今や放射能について話すこともできない世の中になったようです。原発が爆発して、収束もしてない国なのにね。

    2017年2月2日木曜日

    530シーベルトでいまさら慌ててるの?

    このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

    2号機の格納容器内の放射線量が530シーベルトあったと報道されたことで、ちょっと世間がざわついてますが、「何をいまさら」という気分でいっぱいです。

    もうあの事故から6年経ってるんですよ。メルトアウトしてることもわかってるんだから、格納容器内を突き抜けてるのも分かってるでしょ?

    燃料が溶けて出たんだから放射線量が高いのは「当たり前!」なんです! まあ、危険なことには違いないので、いまさらでも騒いでもらって結構ですが。

    530シーベルトという数字は、むしろ私は低く感じました。これは、燃料の核反応がかなり低い状態だからなのか、測定した場所が大きな燃料デブリと離れていたか、という予測が立てられます。

    530シーベルト/hなんて、うんこを流したあとのトイレの匂いみたいなもんですよ。まあその匂いだけで、人は即死しますけど。

    上の画像は格納容器内部の写真ですが、つなげてみると大きな穴が空いているのが分かります。ここからどの程度まで下に行っているのか分かりませんが、この溶けた燃料をどのように処理するつもりなのか。

    これに近づけば、530シーベルトなんていう数字をはるかに超える、恐ろしい放射線量が待っているのではないでしょうか。

    2016年11月16日水曜日

    廃炉や賠償費用が9兆円から内部試算だけでも17兆円に膨れ上がる見込み

    このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

    福島第一原発事故の廃炉賠償費用が膨大に膨れ上がることが見込まれるなか、東京電力の法的整理について大手金融機関からは否定的な意見などが出ました。

     東電の経営を巡っては、廃炉や賠償費用が9兆円から内部試算だけでも17兆円に膨れ上がる見込みで、誰に負担させるかが議論になっています。経済産業省の専門委員会の議論では、法的整理についても案の一つとして触れられています。法的整理をすれば、まずは経営の責任を負う株主や金融機関に対しても応分の負担を課すことになります。しかし、融資を行ってきたメガバンクからは債権放棄を伴うため、否定的な意見のほか、態度を明確にしない対応が続きました。
     三井住友・宮田孝一社長:「(法的整理は)金融市場の安定を脅かす可能性がある。私どもも東京電力を支えていく一員でありますから、新総特に基づいて引き続き支援していく」
     みずほFG・佐藤康博社長:「今の段階で議論する段階だとは思っていないし、コメントは差し控える」
     三菱UFJフィナンシャルグループ・平野信行社長:「当社、個別の話でありますし、仮定に対する答えをこの場でさせて頂くのは不適切だと思い、差し控える」
     経産省は廃炉や賠償の費用負担について、いくつかの委員会を立ち上げて議論を行っていて、電気の利用者に負担を課す案が有力となっています。

    *  *  *

    東京オリンピックにかかるカネを見ても、役所の試算がいかにあてにならないかは知ってますよね。つまり17兆円の数倍、数十倍になってもおかしくありません。

    で、結局は国民に負担させるんですから。電力会社の社員には給料・ボーナス・手当たっぷり出しながら。

    これでもまだ原発の電気は安いと思いますか?

    2016年10月21日金曜日

    志賀原発が雨で電源喪失

    このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
    志賀原発に雨水6トン流入 「安全機能、失う恐れも」
    停止中の北陸電力志賀原発2号機(石川県)の原子炉建屋に6・6トンの雨水が流れ込み、非常用照明の電源が漏電する事故が9月に発生し、原子力規制委員会は19日、北陸電に原因究明と再発防止を求めた。田中俊一委員長は「これほどの雨が流入するのは想定外だった。安全上重要な機能を失う恐れもあった」として、新規制基準に基づく再稼働の審査を見直す可能性を示唆した。

    雨水は配管を通って原子炉建屋の1階に流入。非常用照明の電源設備などが漏電した。さらに床のひび割れなどを通って地下2階まで達した。地下1階には、地震などで外部電源が失われた際に使われる最重要の蓄電池があるが、その真上の場所にも水が来ていたという。気象庁によると、当日の雨量は1時間あたり最大26ミリだった。

    *  *  *

    日本の原発界隈は、福島原発からなにも教訓を得ていないようですね。

    何度も言いますが、何が問題かというと、原発がただの機械じゃないってことです。内部にとんでもない量の人、動物を殺せる猛毒を作り続けているということです。しかも暴走すると人間の技術で止められない。

    例えばどこかの「火力発電施設の外部電源が失われた」場合と「原発の外部電源が失われた」という場合があったとしら、両者の事故単体では同程度でも、その被害は数万倍、数十万倍にも及ぶ可能性があるということ、なのです。
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...